秋穂とまと出荷開始です

【出荷情報】
※FBの皆様へ、情報が重複しております。スミマセン。
ようやく、秋穂とまとの収穫が始まりました。
スタートしたばかりで、まだまだ数は少ないですが、近隣の直売所さんから出荷を開始してまいります。
2022年12月19日(月)
山口市 ぶちええ菜 (JA山口県直売所)
防府市 とれたて満菜 (JA山口県直売所)
阿知須 新鮮館 (阿知須サンパーク内 JA山口県直売所)
いずれも、午前中には出荷の予定です。
今年は、1段目からしっかりした実をつけ、味ののりもよくできております。
是非、お試しください。

トマトの育て方・栽培方法・籾殻

【籾殻入れました】

こんにちは。
今年もこの季節がやってきました。

たちばな農園では、毎年、大量の籾殻を入れております。

なぜだか解りますか?

①作業効率をあげるため
②畝間の草を防止するため
③土作りのため
④湿度調節のため

籾殻は、2トンダンプで14車ほど運んで入れています。

いくら籾殻は乾燥していて軽いとはいえ、50センチ×180センチの袋に入れると、かなり重い‼️

つめた袋をダンプに乗せる時は、二人がかり。
結構な重労働です。

6棟の半分にいくまでは、途中でヘコタレそうになります(笑

でも、半分を過ぎた頃、敷き詰められた景色を見て、綺麗だな~✨と気持ちよくなる😊

終わりが見えてくると、俄然やる気がわいてきます‼️

さて、解説といきましょう。
まずは、①作業効率をあげるため ですね。

たっぷりの籾殻は、フワフワして歩きにくい所はありますが、畝間のデコボコをなくしてくれます。

そして、足場が上昇したことにより、背の低い女性でも作業がしやすくなる利点があります。
作業効率は、重要なポイントですね。
さらに、膝をつく作業をしても汚れない。

次に②畝間の草を防止するため について

畝間の草を防止する為には、防草シートをひく方法もありますが、たちばな農園では、あえて大変な作業を選択。

一石二鳥ではなく、一石四鳥をねらっています。

畝間に厚く敷かれた籾殻は、光を通さず、草が生えません。
運良く顔を出しても、抜きやすいというわけです。

だがしかしだがしかし…

籾殻を入れるタイミングが遅くなると草が生えますよね。
そんな時は、入れる前に草を抜くか、削らなければいけません。
これも、結構、汗だくになる仕事です。
農家から、鍬をもつ作業はなくならないんだなぁ~と実感する瞬間です。

3つ目は、③土作りのため ですね。

籾殻を入れるとなると、チッソ飢餓の話になることがあります。
チッソ飢餓は土の中の窒素不足により起こる作物の育成障害のこと。
籾殻が分解される時に、窒素を必要とするからです。

しかし、籾殻の表面は固く、土の中で分解されるのには時間(一説には何十年)がかかります。

その為、急激なチッ素消費は起こらず、籾殻投入が即座にチッソ飢餓の原因とはならないようです。

トマトの樹や葉の状態を見て、必要に応じて追肥をしています。

籾殻を入れ始めて5年。
今年の土は、ふかふかで良い状態でした。
とても元気に育っています。

2年目、3年目と分解が進み続けていくうちに土の団粒化が進み、土壌改良効果が現われてくるようです。

更にもみ殻にはケイ酸(ガラス質)が含まれています。

このケイ酸には植物を丈夫にする効果があり、病気、害虫に強くなり、収量増も期待できるそうです。

土作りの観点からいうと、通気性、排水性の効果も期待しています。
実は昔、この場所は、水田だったのです。
開作事業で2つの田を合体して大きくしたものだから、場所によって状態が違う。

ある場所は、排水が良すぎて、水と肥料がかかりすぎる。
またある場所は、通気性がなく、ぬかるんで長靴が必要。
そこでは、トマトの根は息ができず、生育が悪いのです。

5年経ち、かなり改善されてきたように思います。

最後に、④湿度調節のため です。

入れたばかりの新しい籾殻は、水をはじく性質があります。
4ヶ月位すると、保つようになってきます。

空気中が乾燥している時は、水分を離し、
湿度が高い時は、水分を保持してくれるようです。
助かりますね。

そんなこんなで、細かく説明すると、分解するために微生物が必要だとか、色々注意して観察し管理が必要になります。

土のお陰か、私達の腕があがってきたのか解りませんが、
毎年毎年、美味しさもアップしてきているようです。

今季も楽しみにしてくださいね~🍅

トマトの育て方・栽培方法・芽かき

こんにちは。たちばな嫁です。

前回、ブログで近況報告したものの、Facebookに連動してませんでした。
本来は、ブログを書いて保存すると自動でFacebookとInstagramに掲載される仕組みになってたのに…。
URLを張り付けてもダメで、かろうじて繋がってた過去の記事も(私の書いたものだけ)消えしまう始末。

「えー⁉️なんでー⁉️」と、あくせく探しまわって、確認したり色々しました💦
で、旦那さんの連携はできているのか?テストした訳です。
連携してました。

結果、ログインする時のアドレスが間違っていたようです。
それに気がつかないまま、半年以上。

なんか不具合あるな~と思いながらも、今回ほどのトラブルになってなかったので、原因わからないしって放置してたのがいけなかった(>_<) 反省…。 あら?おかしいな‼️と思ったら、すぐに対処しよう‼️と、再認識しました(遅いか?いや遅くないはず‼️) 農業においても同じだと、気を引き締めた所存です‼️はい。さて、前回の続きです。親心の時期は、「葉かき」が大切だとお話しましたね。 前回の記事はコチラ↓ https://www.tachibana-nouen.jp/2022/11/08/とまと近況報告/ それと一緒に「芽かき」が大切なのです。 この芽とは?茎と葉の付け根から出てくる芽のことで、これです。

この芽があると、これを育てようとして、一生懸命栄養を送るわけです。

そうすると、どうなると思います?

トマトの実が大きくならなかったり、背が伸びなかったり、茎が細くなってしまったりするんですね。

生育初期のころは、あえて、わき芽をとらず、根を伸ばす手法をとったりしています。
わき芽をのばそうとするトマトの樹は、土から栄養や水を吸収しようとして根をのばすという仕組み。

そして、しっかり土に根をはって、グングン大きくなっていくわけです。
9月の半ばに定植して、今は私の肩まで成長し、6月末まで収穫できるのは、元気な根っこのお陰です😊

根っこはさておき、「芽かき」にもどりましょう(笑

この芽は、以外とやっかいです。
一度とったら終わりではなく、次から次へと生えてきます。
わき芽の上には、トマトの花や実があったりして、伸びすぎるとあたるんですね。

気がつかないと、どんどん大きく太くなっていきます。
トマトにあたると変形するのは、ご想像どおり。

親心のこの時期は、「葉かき」と「芽かき」のバランスが大切です。
適切なタイミングで、バランスを見ながら、気を配りながら育てています。

園主は、目に見えて姿形が変わっていく、この時期のトマトが好きだといいます。
「葉かき」「芽かき」をした時の香りが最高だと。

娘も、学校から帰って私に飛びこみ、
「あ‼️トマトの香りがするー‼️」と嬉しそうに言います。

大玉トマトは、作るのが難しいと言われますが、幸せいっぱい夢いっぱいです🎵

今季もこれから、頑張りますよ~☺️
トマトが赤くなるのは、12月上旬頃になりそうです。
また近況報告させて頂きますね~🍅

秋穂で愛を~❤️
トマトで愛を~❤️

美味しくて、栄養たっぷりなトマトで、沢山の人が幸せになりますよーに💕✨️

ブログ連携

何だかFBとの連携が出来てないとのこと。。。

テストなので消すかも知れません

トマトの育て方・栽培方法・葉かき

こんにちは。たちばな嫁です。

なかなか更新できずにいましたが、今日からは気持ちを新たに頑張ります☺️

さて、ただ今のトマトちゃんです

私の肩のあたりまで成長しました。

この時期は、すくすく大きくなる子供のような感じです。

うちの小学一年生の娘も、私の肩に並んで背比べをしてますが、成長が嬉しい親心の時期ですね。

親心の時期は、まだ若いトマトが病気になってないか?虫に食べられてないか?太陽はあたってるかな?風通しは良いかな?と、良く見る必要があります。

赤ちゃんもベストなタイミングでオムツを変えないと、かぶれたりしますよね?

トマトも葉っぱが込み合っていて風通しが悪いと病気になってしまうんです。

赤ちゃんのご飯もそう。トマトも葉っぱに太陽があたらないと、光合成ができないのです。

肥料、水、葉っぱの枚数、二酸化炭素まで、状態を見ながら、調節しないと太ったり痩せたり、伸びすぎたり伸びなかったり。本当に、子育てしているみたいです。

青いトマトが元気になっています。肌ツヤも良く、色も良く、今年も美味しくなりそうです。

今は青いこのトマトを、大きく美味しくする為に、「葉かき」という作業があります。

いっぺんに沢山、葉を切ってしまうとトマトがビックリしてしまいます。

まず下から3枚か4枚ほど切って落としますが、これが以外と大変なんです。

たちばな農園では、3000本のトマトを植えていますので、かがんでは作業し、立って移動し、またかがむの繰り返し。

1日に何百回かのスクワットをするような作業です。しかも、その際に、頭を支える体勢になる為か、首の付け根が痛くなる(>_<)

翌日は、太もも筋肉痛。。。

それでも頑張って、ひととおり全体が終わって戻った頃には、背丈が10センチ以上伸びて、葉も繁るので、次の葉かきの始まりです。

「葉かき」と一緒に「芽かき」というのもあるのですが、それはまたの機会にお話します😊

芽かきの記事はコチラ↓

トマトの育て方・栽培方法・芽かき

ではまた~☺️

 

✨️出前授業✨️

こんにちは😊
たちばな嫁です。

今日で夏休みも最後で、思い出したのが【出前授業】

娘が行ってる学童で、「トマトのお話してください」と言われ、30分ほどお話させて頂きました🍅

プロジェクターを使い、クイズも織り混ぜながら、わいわいと話が進み、楽しいひとときでした✨️

学童の先生、お声がけ頂き感謝です😊

終ってから、子供達は、メッセージカードを書いてくれたようで、翌日もらってビックリ‼️

感謝の言葉と、それぞれの子供達の気付きに感動しました✨️

夏は、稲刈り‼️

早期の稲刈り、終わりました~😊

秋穂は山口県南部に位置する暖かい地域。

昔は塩田があった程、日照時間が長く、生育が盛んで、他よりも早く新米が食べられるんです✨️

今年も美味しく出来ました‼️

お米の予約がある方は、ご連絡くださいませ。

即売会やります

おはようございます☀️ たちばな嫁です。

本日は、中市商店街のmirai365の前で、即売会を行います。

トマトゼリー、トマトジャム、トマトピラフの素を販売しますが、通常より少しお安くなっています。

トマトの栽培や、加工品が出来るまでなど、対面ならではのお話も出来ますので、ぜひ皆様、お越しくださいませ‼️

娘もお手伝いしてくれるようですので、温かく見守ってくださいね~😊

【お知らせ】今期のトマト終了予定

こんにちは。たちばな嫁です。

トマトもそろそろ終わりが近くなって参りました。

有り難いことに、この季節、大切な方にトマトを贈りたいと、ご注文頂くことがチラホラ。

今期は7月10日(日曜日)が最終収穫日になります。

半年以上がんばってくれたトマトの樹も、もうお疲れ様です。ハウスの中は暑くて、トマトには耐えられないのです。最後のひと踏ん張りをしてくれています。

トマトちゃん、がんばれー✊‼️

出荷先【情報】

本日17時25分から、tys 「mixミックス」で放送がありますので、現在の出荷先のお知らせです。

【防府】

アルク中関店様、三田尻店様→秋穂とまと、トマトゼリー

とれたて満菜様→秋穂とまと、トマトゼリー、トマトジャム(赤)(青)、トマトピラフのもと

すまいる防府→秋穂とまと、トマトゼリー、トマトジャム(赤)(青)、トマトピラフのもと

 

【山口】

アルク小郡店様、葵店様、山口店様、大内店様→秋穂とまと、トマトゼリー

ぶちええ菜→秋穂とまと、トマトゼリー、トマトジャム(赤)(青)、トマトピラフのもと

 

【佐山】

グリンコア→秋穂とまと

 

【阿知須】サンパーク阿知須内

新鮮館→秋穂とまと、トマトジャム

ポモナフルーツ→トマトジャム、トマトピラフのもと

小川密カス本舗→トマトゼリー

 

【秋穂二島】

小川屋商店→秋穂とまと

 

【秋穂】

秋穂荘→トマトゼリー、トマトジャム(赤)(青)、トマトピラフのもと

皆様、ぜひ一度、召し上がってみてくださいね~🍅